港振興業株式会社 電気設備、情報通信、計装、空調、防災の
港振興業株式会社


会社案内
お問い合わせ
アクセスマップ
HOME

社長挨拶
会社案内
事業内容
施工実績
品質・環境への取り組み
採用情報
お問い合わせ




HOME > 事業内容

事業内容

Total Facilities Engineering 〜総合設備エンジニアリング〜

港振興業株式会社は総合設備エンジニアリングカンパニーとして、時代が求めるニーズに積極的な取り組みを実践しています。高度で先進の技術習得に日々努めるとともに、全社一丸となった品質管理活動を展開することによって、2000年2月には「ISO9001」の認証を取得、続いて環境保全への活動を実施し、省資源、省エネルギー、廃棄物の適正管理を全社的に取り組むことで、2003年1月に「ISO14001」の認証も取得しました。これらの活動をもとに、「企画から設計、施工、検査、見直し」というPDCA(Plan-Do-Check-Act)のマネジメントサイクルを展開しています。


PLAN 企画・設計 綿密な打ち合わせでお客様のご要望を的確に把握し、これまでに培ってきた豊富な蓄積ノウハウを活かし、また、常時プールした最新の開発情報や建設情報を踏まえ、魅力ある企画的案を行っています。この立案された企画をもとに設計・積算のプロセスで具体的な形にします。CADシステムなどの先端設備を自在に使いこなし、迅速かつ性格な設計を実現するとともに、完成した設計図に基づいて、全体の工事価格の積算を行います。

DO 施工 電気設備をはじめ情報通信関連の工事には、高次元の技術と緻密な精度が要求されます。その鍵を握るのが、優秀な技術者です。港振興業では、物件に応じて優れた専門技能者を送りだし、工事全体の工程管理から人員の手配や配置、現場の調整をトータルに行い、スピーディーで行き届いた施工を実現しています。

CHECK 検査・竣工 建築物の内外装が完成に近づくと、各種機器の取り付けが行われ、検査が実施されます。検査には自社で行う自主検査に加え、官庁検査や施主検査があり、双方の検査をクリアすることで十分なチェック体制が確立され、高い品質が維持されます。

ACT 経営見直し 竣工とともに、各部門ごとに工事内容をあらゆる角度から精査。検証結果をもとに新たなノウハウを引き出すとともに、マネジメントの見直しをも視野においた経営トップへの迅速なフィードバックを図ります。PDCAのマネジメントサイクルを円滑に実践することにより、港振興業は時代の要請に信頼と高いクオリティーでお応えします。

港振興業株式会社
〒550-0025 大阪府大阪市西区九条南2-16-23 TEL:06-6584-3235 FAX:06-6584-4940 E-mail:koshin@koshin-kogyo.co.jp